魚に関することいろいろ

いか釣り漁業


いか釣り漁業(農林水産大臣承認漁業・届出漁業、知事許可漁業、自由漁業)
いかの、光に集まる習性を利用して行う漁。釣り糸をいか釣り機などで漁船に巻き上げて、釣り
上げる漁法です。
沖合イカ釣り漁業は、30~138tの漁船を使用し、夜間集魚灯に集まるイカを自動イカ釣り機によって漁獲する漁業。急速凍結装置をもたない30~60t型漁船は、近距離漁場で漁獲されたスルメイカを船上で魚函に氷詰めし、1航海(1週間以内)後、最寄りの港に「生イカ」として水揚げする。
 急速凍結装置をもつ60t以上の漁船は、漁獲したスルメイカを船内で急速凍結して船内冷凍庫に保管し、魚倉が満杯になると基地港に戻り「船凍イカ」として水揚げする。

●漁獲物 : スルメイカ、ケンサキイカ、ヤリイカなど

出典元:長崎県水産部ホームページ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)