今日の魚 ミズダコ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


とても大きなミズダコがぼつぼつと各地の漁港で水揚げされています。
ミズダコはマダコ類に属しており、全長3メートル以上と世界最大のサイズで、オオダコと呼ばれています。
これまで漁獲された世界記録では、全長9.1メートル、重さ272キロという個体がありました。
ミズダコは冷たい海水を好み、日本海、東北地方より北の太平洋に生息ており、北海道の知床半島沿岸や秋田県の秋田港は産卵の季節になると大挙して押し寄せます。
主にタコ壺やカゴ漁で漁獲されています。
世界最大だけあって、体、足、吸盤も全てジャンボサイズです。
硬い甲殻類を食べるときに、殻を割るカラストンビは人の握り拳ほどの大きさもあります。
ミズダコの足はほとんどが筋肉のため、海中で絡まれると非常に危険です。
筋肉質な身は歯ごたえがとても良く旨いですが、生殖巣や卵もプリプリした歯ごたえで甘みがあります。
特に口ばしのカラストンビは旨みがあり、珍味とされております。
マダコが減少しており、現在はミズダコの流通量の方が上回っています。
また、最近では料理に使える歩留まりがほぼ100%ということが人気で、浜値が高騰している傾向にあります。
画像出典元:http://45npass.jp/blog/news/56/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)