クロハモ(イラコアナゴ)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


正式な名前はイラコアナゴと呼ばれる魚です。
北海道の羅臼ではハモとして親しまれており、好まれています。
蒲焼き、ハモ丼、ハモ柳川風、天ぷら、から揚げなどが主なお料理として楽しまれています。
スーパーなどでよく「穴子の蒲焼き」として売られていて、マアナゴの代用品としてよく使われます。
脂の乗りが程よく、クセがない素直な味の身には旨みがあり、皮に独特の風味もあります。
マアナゴと比べてやや水分が多く、ねばりのある白身です。
調理をするときは、ヌメリを取りハモのように骨切りをするといいです。
画像出典元:http://mimozubora.o.oo7.jp/gokuraku/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)