魚に関することいろいろ

夏が旬!岩ガキ


牡蠣は欧米でも「海のミルク」と呼ばれ、とても人気のある食材です。
かのシーザーがイギリス遠征を企てたのも、この地のカキを手に入れる為だったとか・・・
カキで精力をつけ、強兵を狙ったと言われています。

一般に最も流通しているのは「マガキ」で、イワガキとは違う種類のものです。
日本にも「花見を過ぎたらカキを食うな」と言ういわれがある様ですが、これはすべてマガキのこと。
イワガキの旬はまさに5~8月、夏なのです。
この事から別名「夏牡蠣」とも呼ばれます。
岩牡蠣は産卵期の数ヶ月を時間をかけてゆっくり産卵するため、水温が高い夏の間でも味が落ちることがなく出荷することができます。
また岩牡蠣は時間をかけて成長するため、殻と身が非常に大きく育ちます。真牡蠣に比べ、大きさも厚みもあり、見た目で明らかに分かるほどのボリュームです。
岩牡蠣の濃厚な旨みや甘み、独特の渋みは虜になります。

画像出典元:http://blog.livedoor.jp/ilovebeerwine/

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)