丸アジ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


マアジよりも体の幅があり、形状が丸いのでマルアジと呼ばれています。
血合いがやや多く透明感のある身は、脂肪程よい乗り具合であっさりとした味わいの中に、深い旨味と甘味がほのかに感じられます。
身に脂が乗っていますので、新鮮なものは刺身にすると非常に旨いです。
ただもっとも味の安定しているのは秋から春。
鱗は薄いがやや強く、皮は薄いです。
血合いがやや大きいが透明感のある白身で、生食ではなめろう、タタキ、酢締め、なめろうなど、火に通してさんが、煮付け、塩焼き、フライなどと様々な料理法があります。
画像出典元:http://blog.goo.ne.jp/iheardthesound

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)