【2022年最新】メバルの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもメバルってどんな魚?

メバルの値段相場のご紹介の前に、そもそもメバルとはどんな魚なのか、その特徴について解説していきます。

メバルはスズキ目メバル科に属する魚で、北海道から九州にかけて沿岸の岩礁域に広く棲息しています。
大きく張り出す目が特徴的であることから、「眼張」(メバル)と呼ばれるようになりました。
現在は、「アカメバル」「クロメバル」「シロメバル」の三種の総称がメバルとされていますが、従来は一種と考えられていました。
DNA解析が行われた結果、それぞれが別の種であることが認められ、2008年に三種に分けられました。
2008年というとそこまで昔ではありませんが、そんな大きな発見があっただなんて。
まだまだ魚は奥が深くて面白いですね。
このように種類が異なる三種ですが、大きさや重さに大きな違いはなく、体の色で見分けることができます。
スーパーなどで売られている際には、値段だけでなく、種類にも是非注目してみてください。

メバルの値段相場はいくら?

メバルについて少し詳しくなったところで、次はお待ちかねの値段相場についてご紹介します。
市場やスーパーで購入してみたいという際に是非参考にしてください!

メバルは、北海道から九州まで広く日本で獲れるため、比較的お手頃な値段で、大衆の味として親しまれてきました。
しかし、年々漁獲量が減少していることで、値段が上がってきています。

特にクロメバルは、メバルの中でも漁獲量の減少が著しく、メバルの中でも高級魚として扱われるようになってきました。

また、メバルは全国に生息していることから、釣りの獲物としても人気が高い魚です。
しかし、数が少なく、多くは獲ることが困難といった理由から、市場にはあまり出回っていない魚でもあるため、値段が上がりやすいという面も持っているのです。

このような理由や種類や地域の違いといった理由で、変動する場合がありますが、メバルの値段の相場は以下のようになっています。

・小さめサイズの20cm・・・1匹あたり250円~300円ほど
・おおよそ25cm・・・600円前後
・おおよそ30cm・・・800円前後

また、2019年から2021年までの豊洲市場におけるメバルの月別平均卸売価格を見てみると、6月が最も安価で約215円/匹、反対に9月が高価で約380円/匹となっています。

このように、季節によって卸売価格が大きく変動しているので、おのずとスーパーなどで販売されている値段も変動しているのです。

また、「春告魚」とも呼ばれるメバルは、縁起の良い食べ物としても知られています。
地域によってはお正月などの節目に食べるところもあり、値段が跳ね上がることがあるようです。

値段の変動が激しい魚ですので、旬の春を狙って探してみると良いかもしれません。
私も来年の春に向けて、今から楽しみです!
値段相場が分かったところで、次は旬について詳しく見ていきましょう。

メバルの旬の時期はいつ?

メバルは春から初夏にかけて漁獲される魚で、3月中旬から6月中旬にかけて多く出回ります。
春になると旬を迎え、春の訪れを象徴することから「春告魚」や「目春」とも呼ばれています。
なかなか市場に出回ることが少なく、値段もさまざまなメバルですが、この時期を狙ってスーパーなどを探してみると良い出会いがあるかもしれません。

サカマアプリなら全国の港から
産地直送・新鮮なお魚をお求めになれます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!

メバルはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

 

値段相場や旬を学んでついに手に入れたメバル。
せっかくなら最高においしく食べたいですよね。
メバルをよりおいしく食べる調理方法と外食の際の値段をご紹介していきます!

刺身

生でいただくイメージがあまり湧かないメバルですが、実は刺身も絶品なんです。
釣ってすぐのメバルは刺身で頂くと、弾力があり、コリコリとした食感が癖になります。
この食感が特徴的で、メバルの魅力と言えますが、弾力のある食感が苦手な方には熟成メバルがおすすめです。
一晩から5日間ほど寝かせることで、身が柔らかくなり、甘みが増すことで食べやすくなります。

外食ではなかなか見かけないメバルの刺身ですが、青森県では新ご当地グルメとして複数の店舗でメバル膳を提供しており、料金は1,800円ほどで刺身を含めた御膳がいただけるようです。
値段もお手頃で魚好きとしては一度は食べてみたい一品ですね!

煮付け

メバルの調理方法として紹介しないわけにはいかないのはやはり煮付けです。
メバルは味に癖がなく、煮付けにすると身がほろほろになるので、小さい子供からお年寄りまで食べやすい一品になります。
淡白な白身であっさりしていますが、旨味が凝縮しているので、満足度の高いお料理です。

メバルの煮付けは、居酒屋や食堂などでいただくことができ、値段はお店にもよりますが、1,500円前後が一般的なようです。
お店でもおうちでも是非一度、メバルの奥深い魅力を楽しんでみてください!

メバルの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもメバルってどんな魚?
  • メバルの値段相場はいくら?
  • メバルの旬の時期はいつ?
  • メバルはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

新鮮な鮮魚が手軽に買える、サカマアプリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事