若鮎

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


日本で最も愛されている淡水魚ではないでしょうか。
岩についた藻を食べるため独特の香りがします。
キュウリの様なスイカの様な香り。このため、「香魚(あゆ)」とも書き、「こうぎょ」とも呼ばれます。
また、1年で一生を終えるため「年魚」とも書く。
ときの芸術家、北大路魯山人は若アユについて「ちょっとあぶって食うと、実に調子の高いうまさが舌になじむ」と評していました。
若アユは骨まで軟らかく、丸ごと食べられます。
また、若アユの時期は大変短く、およそ一カ月間の間です。
甘い身とほろ苦いワタの混ざった味は格別で、若鮎ならではの味わいを楽しむことが出来ます!
画像出典元:http://blog.livedoor.jp/eijijapan/archives/3159543.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)