初夏の魚!キビナゴ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


鹿児島では春先になると、銀色の美しい小魚が沢山獲れ出します。
鹿児島弁で帯のことを「キビ」といい、魚体の青い横線を見立ててキビナゴと呼ばれているそうです。
主に巻き網漁で漁獲され、鹿児島、長崎、高知など暖流に面した地域で水揚げがあります。
身は透明がかっており、小骨が多いですが脂肪は少なくさっぱりした味わいと甘みがあります。
刺身、煮付け、塩ゆで、天ぷら、唐揚げ、南蛮漬け、干物など多岐にわたってお料理にご利用いただけます。
きびなごの酢味噌漬けは鹿児島の郷土料理で有名です。
画像出典元:http://baloonyupy.exblog.jp/13629429

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)