魚に関することいろいろ

シイラ(マヒマヒ)


シイラは全世界の熱帯、温帯海域に生息しています。
日本周辺では暖流の強い海域に出現し、夏は北海道まで北上をします。
北陸の石巻にもシイラが生息し、釣り船の太公望たちには身近な存在です。
最近ではシイラという和名よりもハワイなどでの「マヒマヒ」を知っているという人も多いと思います。
ハワイではムニエル、フライなどで人気が高いです。

鯨のような広いおでこが特徴的なシイラは、イワシやトビウオ、イカ、甲殻類など何でも食べます。
赤身魚ですが、身の色は桃色で薄い色合いをしています。
秋のシイラはもちもちした食感に脂の旨みが増し、大変絶品です。
身はバターと油の相性がいいので、どんな料理でも美味しく楽しめます。

画像出典元:http://hamburgerblog.net/

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles

まだデータがありません。