魚に関することいろいろ

カナガシラ


頭部が固い骨板に覆われており非常に硬いことに、カナガシラの名前の由来があります。
津軽藩では上級階級の年越しのお膳に用いられていました。
節分や生後100日に行われるお食い初め(箸初とも)に使われる魚としても有名でしたが、
これが近年は脂嗜好からかやや人気薄です。
市場では秋から春にかけて入荷されます。
カナガシラは程よく脂が乗っているので旨みと甘味があり、とくに旬の時期は大変美味しい魚です。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles