魚に関することいろいろ

鯛の旬は二つある!

魚には旬が二度ある物が有ります。例えば、フグは冬場の魚として知られていますが、、その逆の季節(夏)でも美味しいです。
サワラ(鰆)も春の魚と書くので春が旬のものだと思われがちですが、産卵期前の秋の方が脂が乗っていて美味だとされています。
鯛にも旬が二つあると言われています。
一般的に鯛の旬は春だとされています。
桜が咲く頃の時季、春の鯛は産卵を控えて体がピンク色に染まります。その時期に捕れた鯛を桜の花に見立てて、桜鯛と呼んでいます。

しかし、ある瀬戸内の漁師によると春の鯛より、むしろ“紅葉(もみじ)鯛”と呼ばれる秋の鯛が良いと言っています。
実は、秋の紅葉鯛の方が春の桜鯛よりも美味しくなる条件が揃っています。

5~6月に卵を産んだ鯛は、食欲が旺盛となります。。夏には、鯛の餌となるカニや海老などが活発に動き出し始めます。それらを多量に食した鯛は、丸々と肥えて脂を蓄えます。

越冬した桜鯛は、身が締り一見は美味しそうですが、
産卵を控えて、白子や卵に栄養が取られる為に身の旨みが落ちます。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)