ホンビノス貝

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


過去に「シロハマグリ」として流通されていた貝です。
更に古い時代、この回はVenus属であったためビーナス貝と呼ばれていました。
元々は北米に生息する貝でしたが、1988年に東京湾で本種が確認、その後定着しています。
アメリカではクラムチャウダーの材料として、大変重宝されています。
食味は良い旨さで、ハマグリと同様に焼き貝や酒蒸しにするととても美味しい貝です。
画像出典元:http://tokiyadiary.blog118.fc2.com/blog-entry-2601.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)