【2022年最新】ホウボウの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そもそもホウボウってどんな魚?

ホウボウは関東でよくみられる魚で、地域よってはスーパーで売られています。

全体的に赤色と灰色のまだら模様で、特徴的なのは胸ビレです。

体の色とは対照的な鮮やかな青のような緑のような色をしており、顔に近い部分が3本の足のように進化しています。

胸びれの足のような部分を上手に使って海底を歩くようにして、エビや小魚などのエサを探し、捕食します。

ホウボウは4年ほどかけて成長します。

大きくなるとだいたい30cmほどですが、40~50cmほどに成長するものもいます。

ホウボウにはカナガシラというほとんど瓜二つの魚がいます。

見分け方は簡単で、カナガシラは胸ビレの3本の足は持っていますが、色は胴と同じ赤色です。

ホウボウは江戸時代には「君の魚」と呼ばれるほど高価な魚でした。

そのため、鯛などと同様、子どものお食い初めなどお祝いの席で出される魚で、ホウボウは高級、カナガシラは庶民の魚というイメージがあるのですが、皇室の愛子様のお食い初めにはカナガシラを使われたそうです。

ホウボウの値段相場はいくら?

豊洲市場でのホウボウの平均卸価格は2021年9月1キロあたり963円で例年とほぼ変わらなかったのですが、卸値の一番高値となる1月~2月は2020年と比べて3割ほど安い価格でした。

以前は高級魚といわれたホウボウですが、現在は漁獲量も多く、安定しているため、比較的手に入りやすい価格になりました。

スーパーで売られているホウボウのサイズは小さいですが、数百円で手に入れることができます。

インターネット販売だと産地直送で0.5~1kgまでで2,000円~5,000円ほどで売られています。

一方で、一匹あたりの大きさが平均のサイズより大きい40㎝以上もあるようなホウボウは高価で5,000円ほどもします。

ホウボウは名前の由来として、釣り上げると「ホボー」や「ボーボー」のような声を出して鳴きます。

これは鳴き袋といわれる浮袋があるからで、鳴き袋は一匹あたり1つしかなく、珍味として重宝されています。

当然ながら、大きなホウボウからは大きな鳴き袋がとれるので、平均のサイズより大きい40㎝以上もあるようなホウボウは大変価値があります。

安くなったといってもサイズの大きなホウボウや、活き締めされたホウボウは値段が上がる傾向があります。

サイズや扱いによって大きな値段の開きが出ています。

ホウボウの旬の時期はいつ?

ホウボウは通年おいしく食べられる魚ですが、特に12月~2月の冬の時期に旬を迎えます。

この時期のホウボウは産卵の準備のため、脂がとてものっています。

また、産卵は3月~5月なので、この時期の間は卵持ちのホウボウもおいしく楽しむことができます。

しかし、一説によると、温暖化の影響で旬の時期が少しずつ短くなってきているともいわれています。

サカマアプリではメジャーな魚、珍しい魚、
高級な魚など、さまざまなお魚に出会えます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!

ホウボウはどのような調理方法で楽しめる?外食の値段は?

 

ホウボウは鳴き袋などの内臓やアラまでおいしい魚です。

しかし、可食部が全体の40%ほどと少ないです。

それでも、その美味しさが魅力で、こんにちまで食べられてきました。

ホウボウは白身の魚ですが、味が淡泊すぎず、しっかりとうまみと甘みがあるのが特徴です。

歯ごたえがしっかりとしていて、噛めば噛むほどうまみが感じられます。

刺身、焼き魚、揚げ物、煮物などさまざまな料理で楽しむことができます。

刺身・寿司

旬の時期は刺身が一番の食べ方だといわれています。

小さいホウボウは刺身にするのはむずかしいですが、大きくて新鮮なホウボウが手に入ったときは刺身がおススメです。

もちろん、日本料理店では刺身や寿司を食べることができます。
魚料理に力を入れている居酒屋のメニューにもホウボウが見られることがあります。

こちらだと1,000円前後の料金で刺身を楽しめます。

天ぷら

天ぷらは比較的小さなホウボウでもできるので、家庭でも作りやすい料理です。

旬の時期には回転ずしでは110円からホウボウの天ぷら握りを食べることができます。

ホウボウは旬の季節は刺身が一番ですが、手に入った大きさによって調理方法を変えることによってよりおいしく味わうことができます。

もし、お店に食べに行っても、気軽なお店で良心的な料金で楽しめます。

今年の冬は、お店とお家それぞれの味を食べ比べてはいかかでしょうか?

ホウボウの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもホウボウってどんな魚?
  • ホウボウの値段相場はいくら?
  • ホウボウの旬の時期はいつ?
  • ホウボウはどのような調理方法で楽しめる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

新鮮な鮮魚が手軽に買える、サカマアプリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事