トビウオ(季節の魚)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

飛ぶ姿が勇ましいトビウオ、見たことがある方もいらっしゃることだと思います。
トビウオの語源は字のごとく「飛ぶ魚」からきています。
英名でも「フライングフィッシュ」と呼ばれます。

飛魚は魚類で唯一空を飛べる魚です。
尾びれで水面をたたき、胸ビレを広げて飛翔し、そのまま滑空する。10mの高さを400m、42秒飛行した記録も認められています!

ダツの種に属する魚で、太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯から温帯の海に生息しています。
トビウオは脂が少ないので、刺身にするとトビウオ本来の味が楽しめます。
ワサビよりも生姜とネギが合います。
新島や八丈島ではトビウオをくさやの原料に使用します。
房総半島ではなめろうの原料として使用されています。

日本海方面では練り物や出汁の材料として使用されることが多く、「あごだし」は有名ですね。

画像出典元:http://dodeshow.doorblog.jp/archives/34045320.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)