夏が旬!アナゴ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


アナゴはウナギ目アナゴ科の魚。ウナギの仲間です。
アナゴの美味しさを評する時、「ウナギのように脂っこくなく、アッサリした甘みが特徴。むしろ太っているものより細く締まっている方が美味い」と言われます。

春になり海水が温かくなると、アナゴの身には旨さが徐々に乗って来ます。
関東では江戸前ずしのネタ、煮アナゴ、関西では焼きアナゴ、広島ではアナゴ飯と地域によって様々な料理や食べ方があります。
松江で獲れたアナゴは関西の料亭や割烹に人気です。
身の旨さは然り、栄養価も非常に高いです。
じっくり火を通すと、ほっこりふわふわ身から滲み出る甘みと香ばしさがどこまでも引き出せます。

旬は文句なく夏です。「梅雨穴子」「夏穴子」と呼ばれるほど。
しかし、実は夏は、穴子の脂ののらない時季なのです。
脂ののる時季は冬です。
アナゴは脂の、のらない時季が美味いとされる、珍しい魚なのです。

脂のコッテリしたのが好みの方は、鰻を食べなさいって事ですかね!

画像出典元:http://blog.livedoor.jp/aoitorikotori/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)