魚に関することいろいろ

若狭ぐじ(アマダイ)


福井県の若狭湾では「若狭ぐじ」と呼ばれており、古くから京料理の高級食材として珍重されています。
秋から春にかけてがアマダイの一番美味しい季節です。
暖流と寒流が交わる若狭湾で身を揉まれ、良質の餌を食べて成長した若狭ぐじ、
淡白で気品高い香りがする白身は脂がほど良く乗り滑らかな旨さが絶品です。
江戸時代からの漁法、延底縄で網を引き寄せてアマダイを獲り、網やタモを
使用しないことで身に傷が付かない様にします。
漁師のこだわりが高品質のアマダイを提供できるのです。

画像出典元:http://hisashi-tight.cocolog-nifty.com/

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)