高級魚クロムツの値段やおすすめの食べ方は?

そもそもクロムツってどんな魚?

クロムツは、スズキ目スズキ亜目ムツ科の魚で、大きな眼とするどい歯が印象的な深海魚です。

水揚げ量が少なく、その希少性から値段が高く高級魚とされています。

ムツとは、「むつこい」「むつごい」という言葉に由来しており、「脂っこい」、「脂ののった」という意味で、その名のとおり、脂ののった白身が特徴です。

なお、アカムツは、ムツという名前がついていますが、スズキ目スズキ亜目ホタルジャコ科であり、近い関係ではありますが別の種類の魚です。

さらに、アカムツは、のどの奥が真っ黒であることから「のどぐろ」とも呼ばれ、一般的にクロムツよりも高い値段で取引されています。

クロムツの値段相場はいくら?

さきほども述べましたが、クロムツは水揚げ量が少なく市場に出回る数が少ないため高い値段で取引される高級魚です。

実際、市場ではいくらで取引されているのか、2021年の価格を見てみましょう。

天然のクロムツの値段相場

天然のクロムツの値段は、時期にもよりますが、だいたい1㎏4000~5000円という高値で取引されています。

1.5㎏程度の大きさになると、1万円ほどの値段になることもあります。

外食で食べるとなると、当たり前ですが、さらに値段が高くなり高級品になります。

「味が分からないのに、1匹に何千円も払うのはちょっと」という方もいらっしゃると思います。

でも、1㎏4000~5000円の値段の味は気になりますよね。

予算に合ったクロムツを、魚屋やネットショップで自分で購入、調理し、試してみるといいかもしれません。

小さいものであれば1000円以下の値段で売られているものもあります。

まずは、お手頃な値段のサイズを購入してみて、高級魚の味を体験してみるのはいかがでしょうか。

養殖のクロムツの値段相場

「天然は高価だから、養殖で試したい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

一般的に、同じ魚でも天然より養殖の方が、同じサイズでも値段は安くなります。

しかし、実は、クロムツは養殖が難しい魚で、“養殖”のクロムツというのは市場に出回っていません。

定置網で養殖を行った場合、魚同士でぶつかったときにうろこが剥がれやすかったり、鋭い歯で傷つけあったり、あるいは、大きな眼に異常が起きたり、と様々な問題が起こります。

2021年時点では、クロムツの養殖が進んでいないのが現状です。

いつかクロムツの養殖が成功し、養殖のクロムツが安い値段で市場に出回り、もっと気軽にクロムツを食べることができるようになるかもしれません。

クロムツの旬の時期はいつ?

クロムツの旬の時期は、秋から冬です。

秋から冬にかけて海の水温が下がるため、冷たい深海の中で生き抜くためにクロムツは脂をしっかりと蓄えます。

結果、秋冬のクロムツは、「むつこい」と言われるほどの特有の脂ののった身となります。

他の時期にも釣れますが、おいしく食べるには秋冬に食べるのが一番です。

サカマアプリではメジャーな魚、珍しい魚、
高級な魚など、さまざまなお魚に出会えます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!

クロムツはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

 

脂ののった身が特徴のクロムツですが、どういった調理法で食べるとよいでしょうか。

魚の調理方法としては、刺身、煮付け、焼き、炙り、干物など、いろいろとありますが、クロムツは刺身や煮付けで食べるのがおすすめです。

刺身

新鮮なクロムツが手に入ったら、是非試したい食べ方は刺身です。

身は、薄いピンク色の白身で、刺身にすると見た目にも美しいです。

自分でさばくことができるのであれば、魚屋やネットショップで購入すると、値段も安く購入できるのでおすすめです。

外食であれば、高級魚のクロムツ料理の値段は高くなりますが、プロの腕によってよりおいしくいただけます。

ただ、市場に出回る数が少ないクロムツですので、クロムツ料理を提供している店は限られます。

高級魚であるクロムツの刺身となると、高級料亭で出されることが多いです。

料金はお高くなりますが、高級魚クロムツならではの上品な脂のうまみを楽しむことができますので、クロムツの刺身を見つけたら是非一度食べてみてください。

煮付け

クロムツの定番の食べ方は、なんといっても煮付けです。

煮付けにすると身が固くなってしまう魚もありますが、クロムツは、脂が多いため、煮込んでも身が柔らかく、煮崩れもしにくいため、煮付けにとても適しています。

煮付けにすることで、脂の旨みがより引き立ち、白身はふわふわになり、クロムツのおいしさを存分に感じることができます。

外食の場合も、刺身に比べて、提供している店は多くなります。

値段は、サイズによりますが、小さめのサイズであれば居酒屋でも出していることもあるので、その場合は1000~2000円で食べることができます。

煮付けにすることで、たっぶりの脂が煮汁に染み出し、刺身とは違ったクロムツのこってりした脂のうまさを堪能することができます。

クロムツの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもクロムツってどんな魚?
  • クロムツの値段相場はいくら?
  • クロムツの旬の時期はいつ?
  • クロムツはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

新鮮な鮮魚が手軽に買える、サカマアプリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事