曳網(ひきあみ)漁業

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


曳縄漁業 (自由漁業)
漁船で、釣り針のついた釣り糸をひくことで、魚を釣る漁法です。カツオなどの大型の魚類を対象としています。
曳縄釣りでは、ルアーを船で流して魚を釣る釣法があります。
仕掛けにはルアーに動きを与えてルアーを最大限にアピールさせるもの、集魚効果をもたらすものなど、魚のヒット率をアップさせるためのいろいろな道具(補助具)があります。
それぞれは実に理にかなっていて、それらを使い分けることによってさまざまな魚を釣ることができます。

画像出典元:長崎県の漁法

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)