魚に関することいろいろ

赤矢柄(赤ヤガラ)


どんなに美味しい魚でも、まとまった数が採れなければ市場に入って来ないのでなかなか有名になりません。
ヤガラもその一つです。刺し身、焼き物、椀種、とどんな食べ方をしても上品でしかも濃い旨みがあります。
きれいで美味い白身である事と、漁獲が少ない希少な魚である事から、高級魚として扱われています。
スーパーや魚屋ではめったにお目にかかれない、あこがれの魚です。

海ヘビみたいに長い魚体に、長い口吻をもった棒のような魚です。その形が矢の柄に似てるから「矢柄」です。タイホウとかサイラって別名もあります。

長崎沖や五島列島などの外海に置かれている定置網にまとまった数がかかることがありますが、 その他本州中部以南の沖合いでキス釣りなどの外道としてたまにかかる程度です。
東京の築地市場では、ほとんど毎日入荷するが数は非常に少ないとの事です。
刺し身が絶品です。透明な白身で、タイとイカの中間のような味(難しい表現ですが。)塩焼きにすると、 ハモのように上品でしかもコクのある旨みが出ます。
キレのある味。椀種にすると濃いダシがでるので、 他のダシが必要ないほどです。
口の部分でもダシがとれますが、大きすぎて鍋に入りません!  

滅多にお目にかかれない、ヤガラ。この魚も是非食べてみたいですね!

画像出典元:http://shoku-hagu.blogspot.jp/

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles