ウッカリカサゴ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


「ウッカリカサゴ」何とも面白い名前ですが、これが正式名称なのです。
著名な魚類学者阿部宗明氏がカサゴと本種はうっかりするほど似ていると言っておりましたが、本種の魚名をうっかりつけ忘れてしまったという説もあります。
「他のカサゴとうっかりすると区別がつかないカサゴ」でウッカリカサゴですね。
ウッカリカサゴもカサゴ属なので、カサゴに違いないのですが、ややこしいですね。。
ちなみに、カサゴとの見分け方は、側線付近にふちどりのある白斑が有ることです。
頭と口が大きく、どん欲で、小魚やエビなどの甲殻類を食べる肉食魚です。
透明感のある白身は焼霜造りにすると、身の生の旨みが楽しめます。
カサゴに比べると少し大味ですが、アラからいい出汁が出るので、汁物に最適です。
また、煮付けは醤油、みりんと味がなじみますし、塩焼き、唐揚げなども、とても美味しいです!
画像出典元:http://fishchips.exblog.jp/9608872/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)