魚に関することいろいろ

花咲蟹(ハナサキガニ)


北海道を代表する毛ガニやタラバガニに比べて認知度は低めですが、カニの通の間では「なかなか手に入らない「幻のかに」と評されます。
漁獲地となっている根室の地名「花咲」に由来するとする説や、茹でたときに殻が赤くなり花が咲いたように見えるという説が名前の由来だそうです。
身は油分が感じられ、濃厚な味わいが楽しめます。
また生の状態では甘い香りがします。
身をぶつ切りにしたものを味噌汁にいれた「鉄砲汁」が有名です。

画像出典元:http://ilovecalwine.at.webry.info/200910/article_9.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles

まだデータがありません。