赤い魚!ユメカサゴ(夢笠子)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


ユメカサゴは、腹腔膜が黒いのでノドグロ(喉黒)と呼ぶ地域も多いです。
一般的に、ノドグロとも呼ばれているものは、アカムツですが、こちらのノドグロも負けず劣らず絶品です!
しっとりとした食感と深い旨みと脂の甘さが楽しめます。
皮下はゼラチン質状になっており、ここもユメカサゴの旨さの一つです。
熱を通しても痩せないので、バターソテーや塩焼き、ブイヤベースなど汁物など幅広くお使いいただけます。
トマト、サフラン、ハーブと相性がいいです。
唐揚げにすると骨ごと召し上がることができ、身と皮の甘さがとても美味です。
画像出典元:http://blog.livedoor.jp/rinrinpapa/archives/1841855.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)