魚に関することいろいろ

サケ科の最高峰!ヒメマス


湖など淡水の水域に生息するベニザケです。
陸封型トラウトタイプと呼ばれ、北海道では春から夏にかけてとても需要がある高級魚です。
北海道に分布するのは阿寒湖、網走川水系のチミケップ湖です。
他にも道内では支笏湖、屈斜路湖、洞爺湖、倶多楽湖、摩周湖に人の手によって移植され定着されています。
一生を湖で過ごします。
サケの系譜を感じさせつつも、川魚っぽい引き締まったあっさり感が基軸。
その上に、これがヒメマスのユニークな醍醐味で、しっかりとした脂の乗りがある。
そして鼻に抜ける何とも言えないフルーティーな風味。
身は美しい紅色で大変美味しく、マス・サケ類では一番美味しいと評判です。
火を通すと身の旨みが一層強くなり、適度に締まるので食べ応えがとてもいいです。

画像出典元:http://ameblo.jp/68060/theme-10012689531.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

まだデータがありません。