魚に関することいろいろ

猛者エビ(クロザコエビ)


北陸地方で主に食されている「殻が茶色」のエビです。
脱皮したての、殻の柔らかいソフトシェルタイプです。
正式名称をクロザコエビといい、山陰地方では『もさ海老』『白えび』と呼ばれます。
殻付きで素揚げしてバリバリ食べられます。
殻が柔らかいので、丸揚げ・丸焼きで美味しいです。
北陸では甘エビよりも好まれており、甘エビよりも甘いという人も珍しくありません。
日本海特有の海老で、見た目よらず、身は「甘えび」以上に甘味があり、トロリとした味わいで、
刺身にすると甘くぷりっとした身が楽しめます。
小さいものはから揚げにすると殻ごと食べられ香ばしい旨さがあります。
塩焼きやみそ汁、天ぷらもクセがない、しっかりした深い旨みが楽しめます。
画像出典元:http://shichikamaso.com/season/

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)