赤マチ(ハマダイ)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


鮮やかな深紅の魚、地元沖縄ではアカマチと呼ばれ親しまれている高級魚です。
温暖な海域の水深200-500mほどの大陸棚上の深みに
生息しており、海底の岩礁域付近を遊泳しています。
背中が鮮紅色、腹側が淡紅色でマダイよりも赤みが強いのが特徴です。
皮は厚みがあり、しっかりとしています。
身は締まっており、熱を通すとより締まります。
旨みと甘みが強い美味しさ白身で、旬には脂が乗っています。
また、とても美味しい出汁が取れます。
画像出典元:http://hiroshi.ti-da.net/e7706555.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)