魚に関することいろいろ

ヤイトガツオ(スマガツオ)


和名は「スマ」と呼ばれており、関東ではスマガツオ、関西ではヤイトガツオと呼ばれて流通されています。
成魚は全長1メートル、体重10キログラムに達します。
体型はカツオなどと同様の紡錘形です。
カツオほどの大群は作らず、単独か小さな群れで行動します。
また沿岸性が強いため、若魚は内湾に入ることもあります。
刺身に引いてみるとしっとり甘く,まるで中トロ食感。
この魚はクセが無く脂が乗ってるのでカツオと云うより 味はマグロに似ています。
土佐特産のブシュカンを搾って口に運ぶと、至福の味わいです。
身はカツオに似た赤身で、刺身、焼き魚などが主なお料理ですが、味がマグロに似ているのでクロマグロの代替魚としての需要を見込んで研究が続けられています。

画像出典元:http://blogs.yahoo.co.jp/namio_tide/26101150.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles