プリプリ!ホッキ貝

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


正式名称は「ウバガイ」と呼びますが、流通ではこの名は使われません。
ホッキ貝は寿司ネタでお馴染みですね。
日本沿岸では東北から北海道にかけて生息します。
軽く茹でると、甘みが増して美味しく召し上がれます。
その昔は肉よりもホッキ(ウバガイ)の方が安かったため、肉の代わりにホッキを
使ったカレーが、福島などでは名産品となっています。
その他、湯引きや鍋や味噌汁の具、煮付け、天ぷら、リゾットなど幅広く使われています。
また、新鮮なものは、生で食べて、すごく甘みがあります。
身の大きくて、厚みのあるものを、生で食べたらさぞ美味しいでしょう!
画像出典元:http://zx-14r.blog.so-net.ne.jp/2015-05-18-1

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)