魚に関することいろいろ

魚の謎~魚だって右利き・左利きがあるんだぞ!~


私達人間には利き腕がありますね。利き腕は何をするにも役に立ちます。咄嗟の場合にも利き腕が先に動きます。

魚にも右利きと左利きがあるんですよ。腕はありませんが獲物を捕食するとき、獲物の片側から襲う「利き顎」があることが分かりました。

名古屋大学の小田洋一教授がチームを組んで、アフリカのタンガニーカ湖で調査を始めました。カワスズメ科の鱗食魚です。

対象とした魚は、「ベリソーダス・ミクロレピス」という魚のうろこを剥ぎ取って食べる鱗食魚です。

左顎が発達して口が右に開くのを「左利き」、反対のものを「右利き」として、人間の利き手と同じように左右性がはっきりしているのが特徴のようです。

調査は22㎜~45㎜くらいの幼魚から、115㎜までの成魚までさまざまな段階で胃の内部を分析すると、鱗を食べ始めた幼魚は獲物の小魚の左右の鱗を捕食していることが分かったが、成長するにしたがって利き顎に合致した片側の鱗ばかり出てくるようになったのです。

研究によると「あごの形の左右差は補食行動の左右差と同様に、成長するに伴って拡大し、下あごの左右差が大きいほど餌を捕るには有利である」と話しています。

小田教授は人間も含めて、発達段階を通じて左右性がどう獲得されるのかを追跡した研究は他に類が見られず、同じ種に右利きと左利きが存在するとなると、遺伝的な問題以外に学習や経験など環境による要因が考えられる」と話しています。

長年の謎の解明に結びつく脳内での制御について、鱗食魚の実験から得た成果が全貌を解明できると期待されています。

アフリカまで行かないとこのような魚がいないのでしょうか。湖の魚だけの事でしょうか。
本研究の成果はアメリカ科学雑誌「PRoS ONE]に、2016年1月25日に公開されました。

研究では右利きと左利きの割合が報告されていませんが、どうなんでしょうか。襲われるほうからすると右も左も警戒しながら泳ぐというのも大変でしょうね。

人間の場合90%が右手・右利きと言われます。人間以外の霊長類も利き腕はありますね。犬にしても「お手」をするとき利き腕を出すそうです。

人間は左右対であるものには左右どちらかが主となるようです。利き手、利き脚、利き耳、利き目など、どちらかが主体性を持って役目を果たしているようです。

鱗食魚などという奇怪な魚だけでなく、我々が普段口にする魚の謎も早く知りたいものですね。

(出典元 Hazard lab 2016年2月1日)

画像出典元:http://aquatottotoday.hatenablog.com/entry/2015/09/28/000100

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles