採介漁業

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


採介漁業 (自由漁業)
海岸近くで、手や簡単な漁具を使用してウニや貝類を採る漁法です。近年はウェットスーツが利用されています。
網を使って魚を獲るのではなく、小さな漁船の上からカギやカマなどの道具を使って、あるいは潜って手で貝などを獲ったり、海辺を歩きながらコンブや海藻、ノリなどを採取したりします。
どの海岸にも貝や海藻はあるので古くから地域独自の漁法が発達し、職人的な技術が受け継がれている漁法です。
漁獲物 : ウニ、アワビ、サザエなど

※画像出典元:長崎県水産部

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)