【2022年最新】イシダイの値段相場はどれくらい?旬の時期・人気の調理方法もご紹介

そもそもイシダイってどんな魚?

そもそもイシダイとはどのような魚なのでしょうか?

最近では「あつ森」こと「あつまれ どうぶつの森」の中で釣れる魚として認識している方も多いかもしれません。

あつ森の中だけではなく、「とび森」でおなじみ「とびだせ どうぶつの森」や携帯アプリの「ポケ森」でも同じように出現する魚ですが、ゲームの世界の生き物ではなく実在する魚です。

イシダイの特徴について、まとめていきます。
イシダイとは、スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属に属する魚です。

漢字で書くと「石鯛」となり、その由来は諸説ありますが「石のような固い歯を持つ魚」ということも由来の一つと言われています。

沿岸部の岩礁域を中心に生息していて、稚魚は堤防の周辺や海水浴場でも観察することができる身近な魚です。

イシダイの稚魚や若魚は白と黒の太い縞模様が特徴的です。

この縞模様は成長段階で変化することが多いですが、メスは老成しても縞模様が残ると言われています。

イシダイの値段相場はいくら?

あつ森ではなく、現実世界でイシダイを購入するとしたらどのくらいの金額で手に入るのでしょうか?

購入場所や大きさごとにまとめていきます。
イシダイは市場だけでなく通販やスーパーでも購入することができます。

それぞれの値段相場を見てみましょう。

市場での値段相場

イシダイの漁獲量が増えるのは4月~11月が中心です。

そのため、市場での価格は時期によって大きく異なることが分かりました。

豊洲市場のイシダイ1㎏当たりの月別平均価格を見ると、最も価格が高騰するのは2月です。

2月のイシダイは1㎏当たり2,000円を超えるほどになります。

逆に、一番手に入りやすい金額になるのは4月~6月で、この時期は1キロ当たり1,500円前後となることが多いようです。

やはり、暖かい時期はイシダイの漁獲量が増えているということですね。

通販/スーパーでの値段相場

通販やスーパーでのいしだいの相場はどうでしょうか。

通販サイトなどを確認すると、800gほどの大きさのものが4,000円前後、1.5㎏前後のものが7,500円前後で販売されていました。

スーパーでは時期によって取り扱いのないことも多いですが、やはり8,000円前後で販売している店が多いようです。

市場では値段が高騰している時期でも1㎏あたり2,000円くらいということを考えると、通販やスーパーで購入するにはだいぶ高価な魚だと言えます。

50cm以上の大きなサイズの値段相場

せっかく購入するなら大きくて立派なイシダイに出会いたいもの。

50㎝を超えた大きなサイズの相場はどのくらいになるのでしょうか。

調べたところ、イシダイの価格相場は重さで決まっており、大きさで価格を分けているという情報はありませんでした。

しかし、一般的には魚の全長が大きいほど重さも重くなるので、大きいイシダイは重さも増え、比例して値段も上がっていくと言えるでしょう。

イシダイの旬の時期はいつ?

イシダイの漁獲量が増えるのは4月~11月ということですが、旬も同じ時期なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。
「あつ森」の中ではほぼ一年中釣ることのできるイシダイですが、実際の旬の時期はいつなのでしょうか?

イシダイが最も美味しい時期は、実は秋から冬だと言われています。

「夏が最も旬」とする説もありますが、イシダイは春の産卵期に向け秋冬から栄養を蓄えるので、この時期はしっかり脂が乗っていて美味しく味わえるのです。

ただ、秋冬はイシダイの漁獲量が少ない時期でもあるため、脂の乗ったおいしいイシダイに出会えるのは貴重なことかもしれません。

サカマアプリなら全国の港から
産地直送・新鮮なお魚をお求めになれます!
漁師さんから直送の獲れたて鮮魚を食卓に!
美味しい魚はこちらから!

イシダイはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

 

イシダイの味わい方は何がおすすめなのでしょうか。

おすすめの調理方法をまとめていきます。
イシダイのおすすめの味わい方は、ずばり「刺身」と「煮付け」です。

刺身

美味しい魚の味わい方として、最もシンプルかつ贅沢なものが「刺身」でしょう。

刺身になった見た目はマダイにそっくりとも言われますが、イシダイは身が締まっていてほのかに磯を感じる風味が特長と言われています。

スタンダードに醤油で食べるのはもちろんですが、脂の乗ったイシダイはカボスと塩で味わうのもおすすめです。

自宅でイシダイを捌くのは難しい…という方は、外食で味わってみてはいかがでしょうか。

旬の時期やその日の仕入れ状況に左右されますので、近所の飲食店に問い合わせてみることがおすすめです。

煮付け

イシダイは「煮付け」もおすすめです。

自宅で刺身を切るのは難しいという方も、煮付けであればチャレンジしやすいのではないでしょうか?

イシダイを煮付けにする場合は、ショウガを効かせることで磯臭さを抑えることができます。

イシダイは皮がしっかりしているので、飾り包丁を入れることで味も一層染みやすくなります。

美味しいイシダイが手に入ったら、ぜひとも試したい調理方法ですね。

イシダイの値段についてまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回、サカマでは以下のトピックについてご紹介してきました。

  • そもそもイシダイってどんな魚?
  • イシダイの値段相場はいくら?
  • イシダイの旬の時期はいつ?
  • イシダイはどのような調理方法で楽しむことができる?外食の値段は?

サカマでは、魚に関する様々な情報をご紹介しております。
よろしければ、ぜひ他の記事もご覧ください!

また、サカマアプリを利用すれば、実際に鮮魚を漁港から直接手に入れることもできます。
ぜひ、この機会にご利用ください。

iPhoneの方はこちらからダウンロード

Androidの方はこちらからダンロード

新鮮な鮮魚が手軽に買える、サカマアプリ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事