マツブ貝

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


マツブ(エゾボラ)は寒海性の貝で、北海道を中心に本州北部からサハリンなどで漁獲されています。
縦の長さが15cm前後とそこそこ大き目の貝で、外見、味共にとても良いので市場では高級な貝として扱われています。
大きいものが高く、小ぶりのものは値が下がる傾向にあります
肉はアワビやサザエより柔らかいですが、適度に歯ごたえがあり淡白な味わいの中にも旨みと甘みが詰まっています。
本場の北海道ではマツブを様々な料理に使用して、 思い思いの美味しさを楽しんでいます。
唾液腺にテトラミンという毒がありますので、調理されるときは必ず唾液腺を取り除いてから調理をしてくださいね。
画像出典元:http://shoku-hagu.blogspot.jp/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)