旨味たっぷり❗️クロメヌケ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


カサゴ目フサカサゴ科に属し、メバルの仲間の魚です。
岩手県より北の太平洋、オホーツク海、日本海北部方面の冷たい海の水深200メートルより
浅いところに生息しています。底引き網やはえ縄漁で漁獲されます。
比較的深い水域に生息しているので、釣り上げると水圧で目が飛び出た様な状態に
なることから「メヌケ」と呼ばれます。
魚の身、内臓と歩留まりがいいため、お料理では有効に活用ができます。
身はくせのない柔らかい白身ですが熱を通すと身が引き締まり、旨みが増してきます。
肝や内臓も非常に美味です。
煮付けが抜群に美味しいですが、お刺身でも是非食べてみたいものです。

画像出典元:http://jp.bloguru.com/kobenooisan/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)