北海道羅臼産の幻のカニ!イバラタラバガニ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


イバラガニは、名前の通り殻はトゲトゲで、検品するときも軍手をしないと手が血だらけになってしまいます・・・。
タラバガニを見たことがない方は、タラバとイバラの区別がつきにくいと思います。
イバラガニはタラバよりトゲが多いのが特徴です。
イバラガニは非常に数が少なく市場にはほとんど流通しません。北海道内での消費が大半です。
タラバガニの仲間であるためにミソはほとんどない。食べるのは足の部分で蒸すのがいちばん。
身はふっくらとボリューム感があり甘み旨味とも上々。イバラガニ属の中では美味しい方です!
タラバガニと比較すると、
タラバガニはしっかりした食感ですが、大味で旨味は少なめです。
あっさりしているので、合わせるならポン酢や醤油が良いでしょう。
一方イバラガニは・・・、
ふわっぷりっとした食感と、クリーミーな甘み、昆布のような旨味が特徴。
調味料をつける必要はなく、ゆでる際も塩は必要ありません!
また、タラバよりも甲羅がオレンジがかっており、足の太さは秀逸。
市場ではタラバよりも安く流通されていますが、実際に身の味は濃厚で弾力も強いカニです。

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)