魚に関することいろいろ

オオモンハタ


オオモンハタは、魚体に大きな紋状の模様が特徴です。
相模湾以南の太平洋、南シナ海、インド洋など温暖な海域に生息します。
漁獲量は少ないですが、定期的に入荷があります。
浜値は高めです。
ハタ類は全般に美味しい魚で、種類によって味が極端に変化しないのがハタの良いところです。
マハタ属の魚は概ね産卵期が初夏の事が多く旬は夏だとされ、秋に最盛を迎えるとされますが、生息環境などから旬はたいへんに曖昧なもので、冬も美味ければ夏も旨いってことになっております。
透明感のある白身は深い旨みと脂の甘みが口いっぱいに広がります。
締めたての魚は歯ごたえを楽しめ、日にちを置いた魚は身が柔らかくなるものの、旨みがかなり増します。
骨と皮から大変旨い出汁が取れます。

画像出典元:http://latesjp11part2.seesaa.net/article/437082648.html

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事
No articles