ヤナギノマイ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


メバルの仲間で「ヤナギノマイ(柳の舞)」という風流な和名を持つ魚です。
東北地方より北海道の日本海、北太平洋、千島列島南部、オホーツク海など寒冷な海域に生息しています。
ホッケやサクラマスを狙う刺し網や定置網の混獲が多く漁獲があまり多くない魚です。
脂が適度に乗っており、透明感がある白身は熱を通しても硬くならず、骨からの身離れがとてもいいです。
調理法は煮付け、塩焼き、汁ものなど、大型の魚は刺身にすると美味しいですが、鮮度が落ちやすいので、
多くは、煮付けや塩焼きで食べることが多いです。味は、美味です。
画像出典元:http://yoppakikou.blog88.fc2.com/blog-entry-432.html

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)