HATA9総選挙

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

こんにちは!

もうすぐ春ですが、まだまだ肌寒いですね。

今回は、そんな時に食べたくなる鍋にオススメの魚、「ハタ」について紹介します。



今まで食べたハタの仲間の魚を、ランキング形式でご紹介します。(ハタの仲間でも、名前にハタとつかないものは除外しています。)




第9位  アオハタ

体に黄色い斑点と目立つ横縞模様があるのが特徴です。

ブイヤベースにすると美味なのですが、他のハタに比べると少し身の味が淡白です。


第8位 ホウキハタ

背の方から頭に向かって伸びている帯状の模様が特徴です。

目がクリクリしていてとても可愛いんです!

魚屋さんでもらったアラを煮付けにすると美味しかったです。


第7位  アカハタ

高級魚です。

模様や彩りが綺麗で、とても可愛いです!

煮付け・刺身で美味しいです。


第6位 キジハタ

別名アコウ。

キジのような模様を持つことからキジハタと呼ばれます。


刺身にすると、プリプリもちもちでとっても美味しいです!!


そのことから冬のフグ、夏のアコウとまで言われています。(アコウは夏が旬)


第5位 アカハタモドキ

アカハタに似ていますが、アカハタより尾鰭後縁がまっすぐなのが特徴です。



唐揚げにすると皮が程よくサクサクになってとても美味しいです!!

もしかしたら本家のアカハタより美味しいかも!?


第4位 トビハタ

頭が丸っこくて可愛いハタです!!


目と口が離れている他のハタとは違い、目と口が近いのでメジナの仲間と勘違いする人もいるそうです。


刺身にするととても美味しいです!!


第3位 マハタ

鍋にするとまさに絶品!!

良い出汁も出るハタの王様ですね。

美味しいだけでなく、前から見た顔はとっても可愛いんですよ!!


(ちなみにこのマハタは僕が釣りました)


第2位 オオモンハタ

薄茶色の斑紋があるのが特徴のオシャレなハタです。

前から見た顔も可愛いです!


似ている種に「ホウセキハタ」がいますが、オオモンハタは尾鰭の縁が白いことで区別できます。



鍋にすると、今まで他のハタでは感じたことのないようなホクホクさや、皮と身の間に旨味があり、とっっても美味です!!

たまに築地市場の場外で見かけるので、是非食べてみてください!


第1位 アザハタ

体は赤くて、目はクリクリしていて、可愛いハタです!


このアザハタは、刺身にすると朝獲れだったのに旨味と甘味たっぷりで超ーーー美味しかったです!

ブイヤベースにしても濃厚な出汁が出て、身はホクホクでとっっっても美味しいです!!



是非一度食べてみてください!、と言いたいところなのですが、これがなかなかお目にかかれないんです。

見つけたら食べてみてくださいね!!



他にもハタの仲間にはヒメコダイやクエ、スジアラやアラなどのおいしい魚がたくさんいます!!

シェアする

この記事の著者

原田 泰希

2006年生まれ東京都内に住む小学6年生。小学5年生の時に、テレビ朝日系列「天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~」にて天才魚キッズとして出演し、大人の魚知識王と対決。 魚を獲る、観察する、調べる、食べる、全てが大好きで一日中魚のことを想い生活しています。

2件のコメント

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)