オレ、島で魚育ててます。

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

はじめまして、今回よりこちらでコラムなどの投稿をさせていただきます。
結城嘉朗と申します。

まず、今回は自己紹介を少しさせていただこうかと思います。

私は、宮崎県延岡市にある島浦島という離島に住んでおり、実家の有限会社 結城水産で養殖業を営んでいます。


島浦島は本土から船で10分程度の距離にありまして、比較的近い離島です。
人口は900人程度です。


昔から、イワシやサバなど青魚をとる、まき網漁業が盛んな島で、かつては「いわしの舞う島」と呼ばれていたほどです。


また、その他にも一本釣り、定置網、刺網、養殖業などを行い、漁業で生計を立てている島です。

私はこの島で生まれて、中学まで過ごしました。
その後、島には高校がないため高校進学と共に親元を離れ、大学で福岡に行き、そのまま福岡のスーパーの水産部で5年間働きました。
魚の加工や商品化、小売業について勉強し、家業の養殖業を継ぐために6年前に島に帰ってきました。

私の会社は祖父が島で水揚げされるイワシなどを丸干しやいりこに加工する水産加工業を始め、2代目の父が養殖業を始め飼育尾数を増やしてきました。
現在はカンパチをメインに、シマアジ、マダイ、イサキ、カワハギ、ゴマサバ、メジナなどを生産しています。

私の今の目標は、資源や環境に配慮しながら規模の小さい養殖業者が経営的に持続可能になることです。
そのために、日々模索し、チャレンジしています。


また、どこの離島でもそうでしょうが、人口がどんどん減って行き、漁師の数も減り、活気がなくなっています。
この状況をどうにかしたいと若手の漁業後継者数名で島のPRや島の魚を広める活動を行い、島おこしのような活動も行っています。

次回以降、養殖業や漁業全般、離島のリアルな日常の話、郷土料理や島で行うイベントの話など、その時々でテーマを決めて、自分の考えを投稿していこうと思います。
自分が書くだけでなく相互交流していければと思っていますので、コメントお待ちしています。

シェアする

この記事の著者

結城嘉朗

宮崎県延岡市の沖合に浮かぶ離島、島浦島で水産養殖業をしています。 育てているのは、カンパチ、シマアジ、マダイ、イサキ、メジナ、カワハギなど。 福岡のスーパーの水産部で5年働き、実家の結城水産を継ぐために島に戻りました。 島の若手漁師数名で島おこしも頑張ってます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)