ニシンと数の子 その5

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

前回はシュールストレミングで盛り上がった(!?) 話だけで一話が終ってしまいました。
本当にあの強烈な臭い…20年も前の話ですが未だ鮮明に覚えています。
何でも最近、シュールストレミングを通販で買い物すると「人込みで開封したとき兵器と誤解される恐れあり」という警告文が同封されているそうですよ。
航空機に持ち込むと気圧の変化で缶が破裂する恐れがあるので、IATA(国際航空運送協会)では持ち込み禁止品に指定されています。
そのため現在では船便によって輸送されており、日本国内では輸入食品を扱う「川口貿易株式会社」のみがシュールストレミングを取り扱っています。

さて臭い、臭いという話だけでは何ですので、実際に食べてみた感想を。
そのままで食べると塩味と臭いが強いのですが、美味しかったですよ。
まずはそのまま食べたのですが、ニシンの脂からきている強い風味、そしてかすかながら甘みを感じました。
次にニシンの身を持ってきていた焼酎で洗って、バーベキューで焼いた玉ねぎと一緒に食べましたが、味付けしていない玉ねぎと濃厚なニシンの味わいを和らげていい感じ。
前話で臭いにやられて激しい般若と化したアヤ姉さんも、案外美味しいじゃんとか言って食べているくらいですから。

シュールストレミングの美味しい食べ方ですが、まずは水にさらして塩抜きをしましょう。
水以外にウォッカなど強い度数の酒や牛乳にさらすのも効果的です。
液体にさらすことでニシンの身から塩が抜ける同時に強烈な臭いも和らぎます。
塩抜きしたニシンの身は固いフランスパンやクラッカーの上に載せるのが本場スウェーデンの食べ方ですが、味付けに発酵バター、マヨネーズ、付け合わせにトマト、赤玉ねぎ、マッシュポテトなどを添えましょう。
また、チーズとの相性もとてもいいですよ。

そしてシュールストレミングを手に入れて食べてみたいと思っているそこのアナタ、缶を開封するときは屋外でするのが鉄則ですよ。
屋内で缶を開けると臭いが染み付いてしまう危険性があります。
缶を開けたとき、中のガスで内容物が吹き飛びます。
そして手などに付着すると、なかなか臭いが取れません。
ビニール合羽やゴム手袋(ゴーグルがあると尚よし)でしっかり防護してから万全の態勢で挑みましょう。
ほかに、缶を冷却させて水中で開封する方法もあり、内容物の飛散を抑えることができます。
ルールと手段、道具をしっかり用意して楽しいシュールストレミングライフを!!
画像出典元:http://barutanseiji.blog105.fc2.com/blog-entry-397.html

ニシンが気になったら、サカマショップ!

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)