真魚鰹(マナガツオ)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +


カツオと呼びながらもイボダイの仲間で、カツオ種の魚ではありません。
俳句では冬の季語になってますが、漁期は夏です。
その中でも、さらに産卵前の身の張って旨いのが、初夏から夏にかけてです。
関西ではとても馴染みが深いお魚で、一般的に焼きものが多いですが、京都では懐石料理に使われています。
他に刺身や西京味噌漬け、粕漬、照り焼き、揚げ物、ムニエルなどに使われる万能魚なのです。
「西国に鮭なく、東国にマナガツオなし」
和訓栞には、「まながつほ 世諺に西国にサケなく、東国にマナガツホなしといへり」とあり、これは棲息域を示しています。
また、食文化としても、西では特にマナガツオを美味の代表格として珍重したことを示した言葉です。
これだけ西日本では馴染みのお魚なのに、関東は殆ど流通されていないのは何だか不思議ですね。
画像出典元:http://www.ezcook.jp/mobile/

シェアする

この記事の著者

サカマ

旬の魚、魚の調理方法から、漁港、産地のレポート、記事など、魚に関わる様々な情報を発信していきます。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)